河村先生による「国立劇場七月歌舞伎鑑賞教室」事前レク

週末の「初・歌舞伎」観劇に向けての予習です。

 

河村先生による「国立劇場七月歌舞伎鑑賞教室」事前レク

「鬼一法眼三略巻 (きいちほうげんさんりゃくのまき)」という時代もので

 

人形浄瑠璃。5段からなるおはなしのようで

文耕堂・長谷川千四作とのことでした。

 

平家打倒、源氏復興に奔放する義経・弁慶主従、義経母・常盤御前、

吉岡鬼一、鬼次郎、鬼三太三兄弟、吉岡鬼次郎・お京夫婦を描いてる物語とのこと。

 

当日はこのうちの4段目のみを観賞するらしい。

 

鬼次郎・お京夫婦は、阿呆と評判の

一條大蔵卿長成に嫁いだ常盤御前の本心を探りに行く、、、、、

 

尾上菊之助と坂東彦三郎と菊五郎劇団による

「鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚(きいちほうげんさんりゃくのまき いちじょうおおくらものがたり)」

 

義経や弁慶を見られないのは残念ですが

 

初歌舞伎に向けて予習したことを踏まえて

 

雰囲気を含めて楽しんできます。


関連記事

  1. 鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚 by国立劇場七月歌舞伎鑑賞教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

当研究所は、不妊や外反母趾など足のお悩み・慢性病・普段の健康チェックなどお気軽にご利用ください。
なお、以下のクレジットカード払いが可能です。
アメックス・DC・マスターカード