ウォーキングの勧め

冷え性についてのあなたについて

改善策というといろいろと

方法はありますが、

 

原因を見つめてみても

今までの生活習慣のマイナスの面の

積もり積もったツケの結果ともいえますし、

本当に改善しようとしていくには、

どのようなことでも一時的にならずに

継続していかないと!と、

いうことに尽きると思います。

 

柔軟性アップとしても

あなたにおすすめなのは、

手軽なやはり、「ストレッチ」ですかね。

ただ、これも継続が重要になりますが…。

”お風呂上り”にでも続けてみてくださいね。

また今ある筋肉を落とさない、

減らさないということにも目を向けると

やはり億劫がっても最終的に

「運動」は

避けて通ることはできないと思います。

 

さらに筋肉をつけるくらいできればいいのですが、、、、

いきなりやったはいいが、

結果!

三日坊主になっても意味ありませんよね。

 

そんなこんなで

たどり着く所はやはり「歩くこと」ですね。

ウォーキングです。

 

まあ、「ジョギング」もいいですが

普段から運動してないあなたには

 

膝とか腰とかあちこちに

負担が来てしまう恐れもありますし、

最悪痛めてしまうことになりかねませんからね。

 

また内臓面で疲れてる所があるのを

見過ごしている事もあるので

どうしても走りたいのなら

念のためドクターチェックしてからのがいいかもと思います。

 

そこで「ウォーキング」です。

通院している方であれば、

医師から言われることもあるかもしれませんね。

 

「歩きなさい」と。

ただここで注意して欲しいことは、

ペタペタ歩き・ペンギン歩きをしているあなたです。

 

外反母趾などあし指に変形があったり、

タコや魚の目があしのうらや

あし指の関節部などにあるなど。

 

 

あしに何かしら異常が見られる方の歩き方は

よくない歩き方をしている

いわゆる、あなたご自身のあしから

あなたへの黄色〜赤色信号がでているのです。

 

この信号をぜひ察してください。

 

そのような状態では歩けば歩くほど

足を壊してしまうのでご注意くださいね。

 

あなたが、幼少時から歩き始めてから今までの

長い時間かけて「育ててきた」悪い歩き方です。

 

自己流で改善しようとしても

かえってもっと悪い歩き方に変えたのに気づかずに

余計悪化させてしまうパターンの方も

多く見受けられます。

 

最悪あしを痛めたことで

からだのほかの内外の部に影響していることも

おおいにあり得ます。

 

専門家の指導のもとに

歩き方改善に取り組むことを

オススメいたします。


関連記事

  1. 「いばらき高齢者優待制度」に協賛しています!

  2. 足の冷えと硬さ・足でピアノを弾くことができる!?

  3. 足の痛み

  4. 「いばらき子育て家庭優待制度」に協賛しています!

  5. 足のしびれ

  6. 心の健康、日本人同士になって

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

当研究所は、不妊や外反母趾など足のお悩み・慢性病・普段の健康チェックなどお気軽にご利用ください。
なお、以下のクレジットカード払いが可能です。
アメックス・DC・マスターカード